So-net無料ブログ作成

香りよし、味よし、色よし

梅の季節になりました。
私は毎年いくつかの種類の梅ジュースを漬けます。
今年の梅のできはどうかな?と漬けあがるのを楽しみにしています。
梅酒を漬けてもよいのですが、梅ジュースの方が子供からお年寄りまで楽しめる上、お料理のコクだしやお肉類を柔らかくするために使うこともできるので、ジュースの方が使いやすいという点でジュースをつけています。
もちろん、仕事に関することなので毎年恒例になっているのですが、漬けてみると見えてくることがあります。
それは梅によって香り、味わいが全く違うこと。
これは皆さんも想像できると思いますが、更に驚くのは、同じ産地の同じ品種なのに年によって風味が違うこと。
色の濃さが違うときもあります。
これが味わいの当たり年、ハズレ年ということでしょうか?
ワインと似ている気がします。

と言うことで、今年の梅は「パープルクイーン」という紫小梅からスタートです。
商品.JPG
関東では昨年から販売がスタートし、これから広がっていく品種です。
袋を開けるとフワ~ンと甘酸っぱい女性的な香りが広がり、漬けるとエキスがピンク色なんです。
そしてなんとも言えない[黒ハート]な味。
出来上がりが楽しみです。

これから色々な梅が出てきますので、皆さんも1度試してみてください。
味くらべしてお好みを探すのも楽しいですよ[わーい(嬉しい顔)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。