So-net無料ブログ作成
検索選択

トトロの傘

北海道はでっかいどう
想像させられる農産物に出会いました。

北海道足寄町の名産物「ラワンぶき」
日本一ジャンボなふきです。
まるでトトロの傘みたい!

そのふきで・・・
ラワンぶきの煮物.JPG
煮物

せっかくだから・・・
ラワンぶきふりかけ.JPG
ふりかけ

を作ってみました^・^

ふきの香りがふわ~っと。美味しい

トトロの傘、子どもたちに見せてあげたいな~[ひらめき]

食育活動 (始動)

私が勤める会社の近隣にある小学校の校長先生にお話を伺いました。

食育活動は全小学校で進めたいと思ってますが、なかなか大きく進めることができていないということでした。
また、内容に関しては校長先生の思いで進められることも知りました。
そして、「生活すべてが食育なのだ」ということを教えて頂きました。

“食”に関する企業として、この食育活動は社会的責任になるのではないか、と会社にも提案をすすめ、ようやくこの6月に食育活動が始動です!

私らしく、子どもたちと“食”を楽しみながら成長できたら!
そして、1校からのスタートですが、少しでも広げられたらと思います。

応援よろしくお願いいたします。

食育活動(きっかけ)

野菜・果物に携わる者として、何かできないか?
私が勤める会社は青果物の商社ですが、“食”に係る企業として何かできないか?
この業界に入ってからずっと考えていました。

日本の農業が衰退している現状を目の当たりにし、農家さんが農業に専念できるには、若者が農業をやりたいと思うには?と考えてきました。

日本の農産物が約2割消費されていません。
それには様々な理由がありますが、中には規格外だからという理由もあります。
これは消費者が買いやすい大きさ、流通しやすい大きさ、市場での評価を標準化するなどたくさんの理由があり、規格が悪いわけではありません。
でも、美味しいのに、少し規格から外れただけで廃棄される場合もあるのです。
廃棄される農産物も消費できれば、農家さんは助かりますし、無駄にはなりません。

一方で、成人病や生活習慣病にかかる子どもが増加しているのも現状です。
両親が働いているため、朝食抜きの子どもや、インスタント食品ばかりを食べている子どもなど事情は様々です。未来の大人達の健康を守るためにも、今“食”について興味を持ってもらう必要があると考えました。

食べられるのに廃棄される農産物を使って、子どもたちが楽しく美味しく食べられるクッキージュースをつくり、小学校で無料提供できないか?から私の食育活動挑戦がはじまりました。


CASA Giardino

久し振りに友人のイタリア料理研究家Y子さんとランチに行きました。
自由が丘にあるイタリアン「カーサ ジャルディーノ」
しっかりした味付けのイタリアンで、ワインにぴったりの味付け。
野菜のバーニャカウダが必ず出ます。
そして・・・
カーサ ジャルディーノ.JPG

様々な野菜が細かく入っている前菜。
パスタにお肉・お魚。
デザートは女性向けでジェラートありガトーショコラあり、ブリュレあり。

こちらのお店はランチが3タイプ。
お値打ちなパスタランチは1700円で食べられます。
男性だけのお客様もいらしゃれば、ご年配の方、若い方、様々な年齢層が楽しんでいました。
お値打ちな価格から、しっかりしたものまであるので、それぞれの事情で楽しめるので、つかえますね!

グルメなY子さんも喜んでくれました(^・^)

また行こうね!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。