So-net無料ブログ作成
検索選択

食育活動(きっかけ)

野菜・果物に携わる者として、何かできないか?
私が勤める会社は青果物の商社ですが、“食”に係る企業として何かできないか?
この業界に入ってからずっと考えていました。

日本の農業が衰退している現状を目の当たりにし、農家さんが農業に専念できるには、若者が農業をやりたいと思うには?と考えてきました。

日本の農産物が約2割消費されていません。
それには様々な理由がありますが、中には規格外だからという理由もあります。
これは消費者が買いやすい大きさ、流通しやすい大きさ、市場での評価を標準化するなどたくさんの理由があり、規格が悪いわけではありません。
でも、美味しいのに、少し規格から外れただけで廃棄される場合もあるのです。
廃棄される農産物も消費できれば、農家さんは助かりますし、無駄にはなりません。

一方で、成人病や生活習慣病にかかる子どもが増加しているのも現状です。
両親が働いているため、朝食抜きの子どもや、インスタント食品ばかりを食べている子どもなど事情は様々です。未来の大人達の健康を守るためにも、今“食”について興味を持ってもらう必要があると考えました。

食べられるのに廃棄される農産物を使って、子どもたちが楽しく美味しく食べられるクッキージュースをつくり、小学校で無料提供できないか?から私の食育活動挑戦がはじまりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。